長く働ける職場に就職する為のお助けサイト

名ばかり正規社員

法内残業

法内残業は週40時間か1日8時間より短い場合で、例えば7時間で有った場合1時間残業すると8時間を超えていない場合です。
さらに1時間残業した場合は、8時間を超えているので法外残業と言います。
結局の所、法内であっても法外であっても追加支払いは当然の義務であって不払い残業は違法行為です。
サービス残業とかただ働きとも言います。
長時間労働は健康を蝕む事は、議論の余地は有りません。
長時間労働は心身ともに負担が大きく疲労が溜まります。
個人的な時間を圧迫し、睡眠時間も結果として減らすことになります。
最悪の結果として、うつ病になり自殺ということも問題となっています。
労働時間が長くなるとストレスが増大し、過労死の不安が強くなることが分かっています。

労働基準法の改定案

新たな労働時間制度として高度プロフェッショナル制度が導入されました。
今までの働き方の労働時間に関する制限を撤廃した働き方です。
労働を時間ではなく、成果で評価する制度です。
高い能力を持つ人の労働生産性を、徹底した能力主義によって評価する事を目的としています。
一定の年収要件は、1075万円で金融商品の開発業務やディーリング義務、アナリスト義務、コンサルタント業務、研究開発業務デザイナーです。
アメリカで導入されている制度ですが、年収要件が高くあまり評判は高く無いようです。
財界からの要請を強く受けた為。本質的な意味としては、過労死促進になるのではないかという懸念があります。
新しい制度の為、引き続き注視する事が必要となります。